ワザール(Wazaar)動画販売サービスの詳細

2015年4月より「ワザール(Wazaar)」という
ハウツー動画(オンライン学習動画)販売サービスが開始される予定です。

このサービスですが
情報商材ASPインフォトップがこのサービスを提供するとのことで、
ネットビジネス業界でも新しいコンテンツ販売の中心になるというイメージで
注目が集まっています。

参照:Wazaar(ワザール)とインフォトップの関係は?

wazaar可能性

既に海外ではオンライン学習動画やハウツー動画コンテンツの販売は、
しっかりとした市場規模があるビジネスモデルになっています。

インターネットがどんどん普及して日常的なサービスになっていくにつれ、
ネット動画サービスもこれまで以上の利用意義を生み出してきています。

Wazaar(ワザール)はそんなタイミングでサービス提供開始されるものです。

最新情報を当サイトでも記載していきたいと思います。

Wazaarワザールの詳細と動画コンテンツの可能性

動画コンテンツはインターネット上で展開される媒体の中でも今後、
今まで以上に注目度を集めていくコンテンツといえます。

かつてはインターネット回線速度の問題があり
インターネット上で動画視聴が難しい時代が長かったですが、
現在はインターネット回線インフラが進化したことにより、
You tubeやデイリーモーション、にこにこ動画といった無料動画共有サービスから、
有料で販売される動画コンテンツまでどんどん動画(MOVIE)媒体にシフトしています。

そういった中で海外での教育動画販売市場は大きく伸びています。

参照:Wazaar(ワザール)でHello world!
(上記記事に海外版のWazaarビジネスモデルUdemyの解説等もあります)

ビジネスも文化もヨーロッパやアメリカで流行したものが
数年後に日本に入ってくることが多いです。

今回のWazaar(ワザール)教育動画販売サービスも
タイミングとしては丁度その周期に当たります。

ヨーロッパとアメリカの海外状況と日本のビジネスモデル

これまでもたくさんのビジネスモデルが海外から輸入されて成功してきました。
これはインターネットサービスのみならずリアルビジネスでも、
ファッションでも音楽でも様々な産業がそういう流れを経て隆盛しています。

インターネットサービスではTwitterやfacebook、You tubeなどのおなじみのサービスに加え
WordPressのようなWEBサイトを構築するブログシステム等も日本で利用されています。

気軽にインターネット上で様々なスキルを習得できるオンライン学習は、
海外ではUdemyを中心に大きな市場規模を獲得していると同時に、
日本という海外以上に教育(スキル習得や勤勉性)に重きを置く国民性を考えると、
Wazaar(ワザール)の持つ可能性はかなり大きいと考えることができます。

Wazaarワザールの今後のサービス詳細と利用に関し

Wazaarは2014年4月よりサービス提供開始とインフォトップより発表されています。

参照:Wazaar(ワザール)のサービス提供開始日

今後状況的に変更がありましたらインフォトップ及び
Wazaar運営代表の峯山政宏氏より発表があると思います。

Wazaarワザールをうまく活用できればガッツアフィリエイト塾の実践にも
当然フィードバックすることができます。

様々なコンテンツの利用方法をマスターしていきましょう。

コメントを残す